アフィリエイト

重要なお知らせ:AdSense のポリシーがまもなく変更されますへの対応

  • 2019年8月、AdSenseから「重要なお知らせ: AdSense のポリシーがまもなく変更されます」と連絡が来たけどよくわからない・・・
  • 何かしたほうがいいのかな?

こんな疑問に答えます。

yamagami
yamagami

この記事を書いている私はAdSenseに2回合格しており、AdSenseが好きすぎてストーカーのように情報を追い続けています。

結論から言えば多くの人は今すぐ何かしなくてもOKです。

初めましてのプロフィール中学不登校から通信制高校に進学した私がサイト運営について学び会社のHPを担当、100人の外注ライターさんを雇うまでのストーリーを記事にしました。...
この記事を読むとわかる事
  • 「重要なお知らせ: AdSense のポリシーがまもなく変更されます」への対応方法
  • 「重要なお知らせ: AdSense のポリシーがまもなく変更されます」の内容に対する説明

結論:今すぐ何か対応する必要はない

現時点ではサイト運営者様 / パブリッシャー様への影響はありませんので、お客様にご対応いただくことはございませんが、来月に予定されている変更に備えてこのメールの内容をよくお読みいただきますようお願いいたします。

yamagami
yamagami
メール内にこのような記述があります。なのでとりあえず今すぐ何かしなくてもアカウント停止等の処分はなされないと判断できます。

ただし、来月(2019年9月)に予定されているポリシー変更に対して、このメールの内容をよく読んでおくことが重要。

メール内では変更の理由まで丁寧に記載されていました。

パブリッシャーの皆様から最もよくいただくご要望のひとつが、ポリシーの簡素化と合理化です。Google のパブリッシャー向けサービスを複数利用されている方も多いことを踏まえ、ポリシーとの付き合い方や違反によって生じる影響を、サービスを問わず明確かつ簡単にご理解いただけるよう、情報の整理を進めたいと考えております。

2つの変更点は以下の通り

「Google パブリッシャー ポリシー」: Google のすべてのパブリッシャー向けサービスで収益化の対象から除外されるコンテンツ タイプについて規定します。該当するものとしては、違法なコンテンツ、児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ、露骨な性的描写を含むコンテンツ、成人向けのテーマを含むファミリー向けコンテンツ、知的財産が不正使用されているコンテンツ、絶滅危惧種を原材料とする商品を宣伝するコンテンツ、危険または中傷的なコンテンツ、不正行為を助長するコンテンツ、不実表示を含むコンテンツ、悪質なソフトウェアやユーザーが求めていないソフトウェア、国際結婚の斡旋に関するコンテンツなどが挙げられます。

「Google パブリッシャー向け制限事項」: 広告の供給が制限されるコンテンツ タイプについて規定します。該当するものとしては、性的なコンテンツ、衝撃的なコンテンツ、爆発物に関するコンテンツ、銃に関するコンテンツ、銃の部品や関連商品に関するコンテンツ、その他の武器に関するコンテンツ、タバコに関するコンテンツ、危険ドラッグに関するコンテンツ、アルコールの販売と乱用に関するコンテンツ、オンライン ギャンブルに関するコンテンツ、処方薬に関するコンテンツ、未承認の医薬品やサプリメントに関するコンテンツなどが挙げられます。Google 広告(旧 AdWords)では、これらのコンテンツは従来どおり広告配信の対象外となります。これらのコンテンツに配信されるのは、他の広告サービスの広告と、パブリッシャーと広告主の直接取引による広告のみです。

yamagami
yamagami

今までと何が変わるんだ・・・?

すぐにはわからなかったのですが、噛み砕くと以下のような意味のよう。

  1. 収益化の対象から除外されるコンテンツが明確になる
  2. 広告の供給が制限されるコンテンツが明確になる

サイト運営者への影響

Google サイト運営者向け制限事項に含まれるコンテンツの収益化は、従来と異なりポリシー違反とはなりません。ただし、該当コンテンツへの広告の供給は、供給元である広告サービスによる指定や、個々の広告主様の希望に応じた制限を受けます。場合によっては、広告枠への入札がまったく発生せず、広告が表示されないこともあります。Google サイト運営者向け制限事項に含まれるコンテンツを収益化しても問題はありませんが、制限対象でないコンテンツよりも広告の供給が少ない可能性が高い点にご注意ください。

Google サイト運営者向けポリシーに含まれるコンテンツを収益化することは禁止されていますので、該当コンテンツには広告を設置しないでください。ポリシー違反のコンテンツを収益化しようとすると、アカウントが一時的または恒久的に停止される可能性があります。

yamagami
yamagami
  • 制限事項に含まれるコンテンツの収益化はこれまでと違い、ポリシー違反にならない
  • ただし制限は受けるから広告が表示されず収益につながらないかもしれない
  • ただし、ポリシーに含まれるコンテンツを収益することは禁止

制限事項のものはOK(収益にならなくても知らん)だけど、ポリシーに含まれるコンテンツで収益を得ようとするとアカウント停止する可能性がある、ということのようです。

今後求められる対応

必要なご対応

現時点では特にございません。2019 年 9 月の施行とともに、ヘルプセンターとポリシー センターにも上記のポリシーおよび制限事項の詳細が反映されます。その時点で、新しくなったポリシーおよび制限事項に目を通し、運用中のコンテンツがポリシーおよび制限事項に準拠するかどうかをご確認ください。

yamagami
yamagami
2019年9月には、ポリシーと制限事項が記載されるから自分のコンテンツが問題ないか確認してね、ってことのようです。

今後の変更情報は下記のページに記載されるようです。
要チェックですね。

まとめ

  • 2019年にポリシーと制限事項が変化するから確認をする
    • ポリシー・制限事項が明確になる
  • これまでのポリシーと大きく変わるわけではないので多くの人は何もしなくて大丈夫
    • 念の為、2019年9月になったらポリシー・制限事項を読んで自分のコンテンツが問題にならないか確認をする

クローン病でも、人生を諦めなくていい。

閲覧ありがとうございました!

管理人のやまがみです。
私はクローン病という難病の診断を受けて5年目になります。

いつ悪化して働けなくなるか、
怯え続ける日々に嫌気がさし、
自宅で自分一人で稼げるサイト運営を学びました。

その結果、今では所属会社のHPを一任されるまでになりました。
詳しいプロフィールはこちら

副業解禁に伴い、これから勉強する人としない人の間でさらに格差は広がります。
あのTOYOTAでさえ、終身雇用は難しいと名言する時代です。
会社勤めは常に収入の柱を失うリスクと隣り合わせです。

私のような病気を抱える人を、いつまでも雇っておけるほど余裕のある会社はどんどん少なくっていくでしょう。

将来への漠然とした不安を取り除くには、個人で稼ぐ力を身につけるしかないとあなただってもう気付いているのではないですか?

将来的には在宅で仕事ができるようになりたい、
でも何からやったらいいのかわからない・・・。

そんな気持ちでいっぱいの中、スタートした2019年。
そこから私は猛勉強して時間の切り売りではなく、将来お金を稼いでくれる仕組みを作ることを学びました。

少しずつ、成果は出ています。
過去の私のような人、同じ病を抱える同志に向けて私が学んだことを伝えていきたいと思っています。

ブログでは書ききれない情報を、Lineで発信しています。
人生を変えたいと思うのであれば、登録してみてください。
絶対に後悔はさせません。

友だち追加